×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

 

卵アレルギーのためのケーキ

卵アレルギーの子どもや赤ちゃんにとってケーキなどの好きでおいしいものが食べられないのは可愛そうですね。食べられる卵が手に入っていれば試してみる価値があるかもしれませんが、卵のアレルギーに気を使いながら自分でケーキを作ってみるのもよいかもしれません。卵や小麦を除去しなければならない子どもや赤ちゃんのために、卵も小麦も使わないケーキレシピでおいしいケーキを試してみてあげてください。
卵アレルギー対応のケーキレシピでケーキを作る場合の一番気をつけなければならないことは、調理器などもしっかりとアレルゲン除去をするということです。卵や小麦がケーキを作る過程で前に調理したものが少しでも残っていると結局卵アレルギー症状を引き起こしてしまうこともあります。包丁やまな板、計量カップに至るまで完ぺきに洗うか可能であれば卵アレルギーケーキ用の専用のものを用意してもよいでしょう。作る際にも他の食材など、この卵アレルギーのアレルゲンとなるものをキッチンなどには、決しておかないとという注意が必要です。いづれにしても卵アレルギーのためのケーキには、使用する除去食は完全隔離が必要ということです。

卵を使わない山芋ケーキ

卵アレルギーのためのケーキを作る際、加工食品のことを知っておく必要があります。加工食品には添加物が基本的に使われています。マヨネーズに卵はわかりやすいのですが、そのほかちくわやかまぼこなどにも、卵や小麦が使用されています。ケーキ作りに関わらず添加物などの表示にある原材料等の内容はしっかりチェックする習慣は身につける必要がありますね。その意味から炊飯器を利用する卵アレルギー ケーキ作りの対策も考えられます。オープンと異なり炊飯器であれば小麦粉が残るという心配もなく、子供も一緒に作ることができます。
卵アレルギーのためのケーキは、卵を使用しません。ふっくら固まるという卵の性質を考えて、卵を使ったケーキのやわらかさとしっとり感は少し劣るものの、山芋を使うことで卵アレルギーケーキを作ることができます。山芋以外にもかぼちゃなどでケーキを作ることができるといいます。小麦の代わりとなるものは第四の穀物と言われるホワイトソルガムを使うとよいそうです。これは小麦粉アレルギー対策として注目を集めているものと言います。グルテンがなくそれで必須アミノ酸が含まれミネラル、そしてビタミンB群などもたくさん含まれているということです。そうしてタンニンという渋みのもとを取り除くことができる食材で、素材の味をいかすための無味無臭というところが卵アレルギーのためには格好な食材といえそうです。

スポンサード リンク

 

卵アレルギーケーキレシピ例

卵アレルギーのケーキ作りのレシピをひとつ。卵は使わず洋なしで代用しています。小麦粉の変わりには米粉。牛乳ではなく豆乳。チョコレートの変わりにはキャロブ粉を使う例です。りんごも利用しています。この卵アレルギーケーキレシピはムースを基本にしているケーキです。キャロブ生地のために米粉 キャロブ粉 ベーキングパウダー りんごジュース メープルシロップ サラダ油を用意します。そうしてムース生地の場合には皮をむいたりんご 砂糖と水 洋なし 棒寒天 豆乳 ココナッツパウダ イチゴとミントの葉。これが卵アレルギーレシピ材料が揃います。
キャロブ生地を作って天板にのせてオーブンで焼きます。次に ムース生地。冷蔵庫でムースが固まったら皿に盛り、小さく切ったイチゴとミントで飾ります。こうして卵アレルギーケーキレシピが出来上がります。ただ細かい原材料等や調理の際の器具についても卵アレルギーに関する知識をもって、アレルゲンが完全除去された状態でケーキを作ることにこしたことはありません。一般的な卵アレルギーケーキレシピとして参考になさって下さい。

Copyright © 2008 卵アレルギーケーキとレシピ例これなら

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。