×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

赤ちゃん離乳食と卵アレルギー

卵アレルギーの人にとって、様々な形態をとって使われている卵に気をつけるというのも大変な労力であることは間違いないでしょう。安心していたら突然卵アレルギー症状が出たとか、卵アレルギーだったお母さんの心配などを考えても、このような場合には卵アレルギー対策のひとつとして離乳食を少し遅くしたほうがよいかもしれません。離乳食の場合、卵の卵黄を先に使いますがそれは卵白のほうが卵アレルギーが出やすいということがあります。

離乳食は子どもが一切を過ぎた頃が適しているとされています。これは消化器が発達したところということです。卵アレルギーの場合の離乳食としての代替食品は卵の栄養素等も考えてきめの細かいものを考えながら離乳食として使うということが大切になります。離乳食をはじめとする代替食品や除去食品を考える場合には卵の代わりとなるたんぱく質を卵と異なる形で取り入れる必要があります。

例えば大豆やお魚や肉などとともに海藻類やお米などバランスをとるために組み合わせの摂取が必要になリます。というのも卵のたんぱく質はアミノ酸20種類からなっていますが、そのうち9種類に関しては体内ではつくられないとされていて、それを補うために卵アレルギーの場合にはその分を他で摂取しなければならないからです。

 

運営者情報

【運営者情報】当サイトはリンクフリーですが、次にあげるようなサイトはお断りいたします。

・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

卵アレルギー離乳食
赤ちゃん離乳食と卵アレルギー
リンク
リンク集